読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もないが何かある…女川

f:id:yk-suisan:20160414171218j:plain

 震災から5年目を迎えようとしていた2月、自分たちの春休みを利用して、復興支援インターシップに応募し、大学生の皆さんが女川に来てくれました !

今回は、引率の先生まで「体験させてください。」と 言ってくださり、2日間 加工場で作業に加わって戴きました。

 

f:id:yk-suisan:20160414174217j:plain

 

では、今回のインターンの皆さんのレポートをご紹介いたします。

 この記事をご覧の皆様、はじめまして!私たち4人は、2016年春に女川で行われた「復興支援インターン」に参加した中央大学の学生です。 今回のインターンが始まる一ヶ月前に初めて出会い、即席チームとしてワイケイ水産さんで職業体験をさせて頂きました。「被災地である女川町のため何かしたい!」という気持ちを胸に、約一週間体験をしました。

 

ワイケイ水産さんでの活動

 ワイケイ水産さんでの体験は、工場案内から始まりました。

震災後に新しく作られた工場とは伺っていましたが、その清潔さには一同驚かされました。魚臭さや、汚れ、カビが一切なく本当に工場なの?と疑問を抱く程でした。

f:id:yk-suisan:20160414171142j:plain

  

2日目からは従業員のみなさんに混じり、実際に作業を体験させて頂きました。

女川名物のさんまの解凍作業や赤魚の加工など様々なことを行いました。 

 

f:id:yk-suisan:20160414171341j:plain

 最初は工場内に飛び交う従業員さんの女川弁?に困惑しながらも、丁寧に仕事を教えて頂き、また笑顔でお話しをしてくださり段々と溶け込むことができました。

もちろん人生で水産加工作業をしたのは一同初めてであり、普段何気なく食べていたお魚の製造過程を知ることができ、食べ物への感謝の気持ちがより一層強くなりました。

f:id:yk-suisan:20160414171426j:plain

  

  そんなこんなでのインターン体験三日目。ワイケイ水産さんの代表商品である『さんま味付すりみ』を使ったオリジナルレシピ考案体験をしました。

震災後女川高校の校庭に作られた、『きぼうの鐘商店街』に連れて行って頂き、食材調達!f:id:yk-suisan:20160414160642j:plain

 

 そして できたのがこれ!

 

f:id:yk-suisan:20160414160733j:plain

 さんまのすりみ磯辺焼き・さんまのすりみコロッケ・さんまのすりみタン(ミートボールナポリタン風)!   さんまのすり身入りコロッケ - ワイケイ水産 レシピ

 

f:id:yk-suisan:20160414160806j:plain

 

そして さんまのすりみお茶漬け!

無事4品できあがりました。

 

 家庭でも気軽にさんまのすりみを使ってもらいたいというコンセプトで考案しました。

実際に作ってみて、意外にもさんまのすりみには広がりがあり、様々な料理に使えることがわかりました。

 

ご覧のみなさんもぜひ一度お試しを!

 

 これらに活動以外にも、ワイケイ水産さんの自社商品の試食会や お昼休憩中に従業員の方々とお話しする機会など 様々なことを経験させて頂きました。

f:id:yk-suisan:20160414170136j:plain

f:id:yk-suisan:20160414170152j:plain

f:id:yk-suisan:20160414165238j:plain

また、社長さんからは たくさんのお話しを聞かせてもらいました。

中でも印象に残っているのは、社長さんの会社に対する想いであり、従業員の方々が働きやすいような環境作りを一番に考えているとおっしゃっていたことです。

期間中にお世話になった従業員の方々の 活気に満ちた仕事姿や 笑顔は、このような社長の思いがあってこそだと強く感じました。

 

 これから今回のインターンを通してわかった女川町や ワイケイ水産さんの魅力を、中央大学を中心に発信していきたいと考えています。

学内情報誌への投稿や学園祭での出店など、みなさんに共感して頂けるように行っていく予定です。ぜひチェックしてみてください!

 

 最後に、今回のインターンに携わって頂いた、ワイケイ水産さんの社長をはじめとする従業員の皆さまありがとうございました!

たくさんのことを経験し勉強することができました。

 

また機会がありましたらお邪魔させていただきます!

以上 中央大学からでした~!さようなら!

 

 

  女川町での受け入れは、今回で4回目。復興庁と文部科学省「復興大学」事業との共催、いわば『コラボ』により平成25年度より3年度に渡り実施されてきたの復興支援インターンは、平成27年度をもって補助期間満了となり、平成28年度の実施は只今検討中とのこと。

 

インターンを経験した学生の皆さんは、各大学での学園祭や様々なアイディアで被災地とインターン受入各社の紹介や販売など、私ども受入会社の予想をはるかに超えて、活動を続けてくれます。

 

復興支援インターンの皆様に、心より感謝申し上げます。

 

f:id:yk-suisan:20160414174358j:plain

f:id:yk-suisan:20160414174440j:plain

f:id:yk-suisan:20160414174544j:plain

インターン活動報告会プレゼンテーションより

 

 

 

yk-suisan.hateblo.jp